2つの仕事の概要

税理士の勉強

税理士は、企業の税金問題の専門家です。
公認会計士は、企業の財務内容の監査を行う、会計監査の専門家です。
税理士になるには、税理士試験に合格する必要があります。
この資格試験は、簿記論、財務諸表論、税法科目3科目に合格する必要があります。
この5科目合格は、一度に合格する必要はありませんので、数年の時間をかかて合格する人も多いようです。
公認会計士になるには、公認会計士試験に合格する必要があります。
この資格試験は、弁護士の司法試験に匹敵する難易度の高い試験です。
税理士は税金問題の専門家として、税法の取り扱いに関する「税務相談」、税務署に提出する申請書・届出書・申告書などの「税務関係書類の作成」、税務署の実施する税務調査に立ち会い代理人として意見を述べる「税務代理行為」などを行います。
これらの「税務相談」、「税務関係書類の作成」、「税務代理行為」については、有償・無償にかかわらず、税理士以外の者が行うことは法律で禁止されています。
公認会計士は、企業の会計処理や財務内容の監査を行うことになります。
大企業の株主総会では、提出する財務関係書類について、公認会計士の会計監査を受ける必要があります。
投資家や取引先は、これらの財務諸表を参考にして、投資や取引の判断を行っています。
また、公認会計士はその経営分析力によって、企業の経費節減などの経営の効率化のためのアドバイスも行ってくれます。
企業の経営の効率化のためには、税理士や公認会計士へ業務を依頼する必要があります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031